取付け張力変化データ


タイミングベルトの取付け張力変化データをご紹介します

EV5GTベルト(5mmピッチ)取付け張力変化

EV5GTベルト(5mmピッチ)取付け張力変化

線膨張関係表

タイミングベルトは、温度や湿度によって、ベルト自体に伸縮が発生し張力が変化します。
線膨張係数とは、一般に温度の関数であり、温度変化による物体の長さ変化量を計算する際に用います。
  長さ変化量  ⊿L = Lo × α × ( T1 – To )
α : 線膨張係数
Lo : 元の長さ
T1 : 変化後の温度
To : 元の温度


線膨張係数表

材質 線膨張係数
ガラスコード 5.04 × 10-6
ケブラーコード -2.0 × 10-6
ステンレス鋼 17~18 × 10-6
10~11× 10-6
材質 線膨張係数
鋳鉄 10~12× 10-6
アルミ 23.03 × 10-6
ポリアセタール 10~12× 10-5

ご不明な点は当社までお問合わせください。

お問い合わせ